1 武蔵野西支部は、会員企業間のつながりを強化し、
企業の発展、地域の振興に寄与します

お知らせ

武蔵野西支部ホームページリニューアル!

この度、武蔵野西支部ホームページがリニューアル致しました。スマホやタブレットでも見やすくなりました。皆様のお役に立つ情報を発信していきますので、是非、ご活用ください。

Slide 2
Slide 3
Slide 4

支部長挨拶

年明け早々、2度目となる緊急事態宣言が出され、解除後も一向に収束する気配がなく、延期された東京オリンピックの機運もいま一つ盛り上がらないまま、新年度を迎えました。

振り返れば、昨年2月以降、計画された会員交流会、研修会等すべての事業が中止となってしまいました。支部役員会も今日の全体会議の議案について協議するため、先月1回開かれただけとなりました。残念な限りです。ソ-シャルディスタンスで心と心も距離が空いていく不安や寂しさ、会員様の中でも廃業や倒産も有り、非常につらい1年で有りました。一方で多くの国民、事業者が各種補助金・給付金の恩恵にあずかり、コロナ禍で不公平さはあるものの改めて税の大切さを肌で感じた年でもありました。

そのような中、昨年度は毎年、年度末に行っている支部の“チャリティ-事業”として、支部内にある養護施設への“文房具寄贈”について、今回は支部運営費より支部会員約380、1会員当たり100円を拠出して頂く事を役員会に諮り、快諾して頂き子供たちの笑顔のもとに届けることが出来ました。1会員当たり100円とは言え、大事なお金でございます。改めてご理解を賜りたいと存じます。

また、本部事業では会の創立70年の節目を迎え、「70周年記念式典」を吉祥寺第一ホテルにおいて開催致しました。式典は会場だけではなくライブ配信も行うなど、感染防止に努め新しいスタイルでできました事も大変印象に残りました。さらに、広報委員会の頑張りにより「記念誌」も発行されました。公益社団法人として新たな歩みを始めたこの10年を振り返る記録として、皆様の目にも触れたのではないでしょうか。

さて、今年度は役員改選の年となります。昨年1年間、ほぼ活動ができなかったこともあり、当支部ではあと一期現在の役員ほゞ留任とし、この1年間の空白を取り返すべく、会員の皆様に対し“気配り”・“目配り”をキメ細かく行い、同業・異業種の橋渡しを積極的に果たして参りたいと意気込んでおります。向こう2年間は現役員でニュ-ノーマルの中、原点に帰り2年後の新支部体制ができる様頑張りたいと思いますが、会員皆様のご協力なしにはできない事でございますので、ご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

結びに当たり、いずれコロナが収まったとしても、以前のような生活にはしばらくは戻れないと思われますが、過去にもあったように、社会が大きく変わる出来事があったアトには、ビジネスチャンスが生まれる時でもあります。「危機こそチャンス」です。「止まない雨はない、明けない夜はない」と言いますが、コロナを心配せずに生活できる日が来るまで、支部会員全員一丸となって共に頑張りましょう。ありがとうございました。

令和3年4月吉日

公益社団法人武蔵野法人会武蔵野西支部長木村 和史

第13回武蔵野西支部全体会議議案資料

▼ クリック/タップして拡大 ▼

クリック/タップで閉じるテスト